TOP訓練写真2008訓練写真>2008.10.28第30回両毛地区消防本部特殊災害訓練
◆2008年10月28日(火)「第30回両毛地区消防本部特殊災害訓練」
 今年で30回を迎える、両毛地区6消防本部による両毛地区消防本特殊災害訓練が28日、栃木県佐野市栄町の藤倉化成株式会社佐野事業所第3工場を会場として実施された。この訓練は、昭和51年12月20日に締結した両毛地区消防本部特殊災害相互応援協定に基づき、毎年締結消防本部の持ち回りで実施されている。
 今回は、佐野市を震源地とする直下型地震が発生。藤倉化成の化学工場が大きな被害を受けたとの想定で、有毒ガスにより発生した要救助者の救出や、倒壊した家屋からの救出、延焼火災に対する一斉放水など、参加各消防本部一丸となって行われた。
幼稚園児も見学
訓練開始報告
発災
自衛消防隊が出場
屋外消火栓を用いて初期消火@
屋外消火栓を用いて初期消火A
佐野消防指揮隊現着
指揮隊が自衛消防隊から情報収集
佐野消防本隊が有毒ガス発生の通報を受け、ガス検知を実施しながら前進
コールドゾーン(警戒区域)に部署し活動開始
ウォームゾーンに部署する佐野消防「特殊災害支援車」
レベルA隊(陽圧式防護服着装部隊)の活動開始
ホットゾーンの設定@
ホットゾーンの設定A
ホットゾーンの設定B
要救助者に接触するレベルA隊員
独歩可能な負傷者の救助
消防隊員より衣服の脱衣・着替えを指示される
支援車内で着替えを実施する
レベルA隊が要救助者を担架で救助する
除染シャワー内で衣服の脱衣をされる重症患者

佐野消防梯子隊により屋上の要救助者が救出される@
佐野消防梯子隊により屋上の要救助者が救出されるA
救出された要救助者は救急他に引き継がれる
応急救護所(エアーテント内)の様子

倒壊建物では応援の伊勢崎市消防本部救助隊が活動
倒壊家屋内部をボーカメで検索
倒壊建物内部の要救助者をバスケット担架に縛着して救出
佐野消防救急隊に引き渡し
救急車内収容

ホットゾーンで活動したレベルA隊の除染
除染の確認
除染OK

ホース延長を行う消防団
一斉放水

活動終了
閉会式
 
▼過去の訓練
第29回  −−  第28回  −−  第27回  −−  第26回
▼関連Link
 佐野地区広域消防本部
 足利市消防本部
 館林地区消防本部
 伊勢崎市消防本部
 桐生市消防本部
 太田市消防本部