TOP訓練写真2008訓練写真>2008.10.26平成20年度長野県総合防災訓練
◆2008年10月26日(日)「平成20年度長野県総合防災訓練」
埼玉県警広域緊急援助隊(P-REX)と信州大学DMAT
 長野県の総合防災訓練が26日、小諸市の小諸市総合運動場を主会場とし、約3000人が参加して実施された。訓練は噴火、地震、火災、豪雨、テロによる被害を想定し、災害救助犬や県内DMAT、消防・警察が連携した救出訓練が繰り広げられた。
浅間山の噴火を想定した訓練では、噴火により負傷した登山者の救助・搬送訓練では、隣県の群馬県防災航空隊「はるな」が負傷者の搬送訓練に参加した。
陸上自衛隊UH-60
上空より偵察した被害状況を本部へ伝達するため、隊員2名がリペリング降下
長野県警「やまびこ」
同じく上空からの被害状況の伝達のため隊員2名がリペリング降下
集結した県内DMAT
信州ドクターヘリ@
信州ドクターヘリA
佐久総合病院DAMT空輸
土砂埋没車両で救出活動を行う埼玉県警広域緊急援助隊(P-REX)
車両に開口部が設定され、信州大学DMATが要救助者の様態管理を実施
検死作業
長野県警「やまびこ」で災害救助犬が空輸
ドクターヘリにて重傷者の搬送
林野火災に対して長野県消防防災航空隊「アルプス」による空中消火
林野火災に対して群馬県防災航空隊「はるな」による空中消火
応急救護所内部の様子
浅間山噴火での負傷者の搬送訓練@
群馬防災のフロート担架に収容
浅間山噴火での負傷者の搬送訓練A
ピックアップ
事故車両から県内緊急消防援助隊と長野赤十字DMATが連携して救出
緊急物資空輸@
緊急物資空輸A
▼関連Link
 長野県
 小諸市