TOP訓練写真2005訓練写真>2005.08.1上野村での群馬県警訓練
◆2005年08月01日(月)「上野村での群馬県警訓練」

8月1・2日の二日間、群馬県警が上野村で訓練を実施した。
新聞報道等によると、日航機墜落事故から20年目という節目の年に、災害発生時に的確で素早い対応を行えるよう県警機動隊員や広域緊急援助隊員らが参加し、上野村総合グランドでは孤立地域の負傷者をヘリに収容する訓練が行われた。また、県警本部長等は御巣鷹の尾根にある昇鎮之碑、慰霊の園で献花を行った。

上野村総合グランドの訓練は、孤立地域との想定で、地上隊員2名が負傷者を確保しており、その負傷者を収容するため県警ヘリ「あかぎ」が飛来、ヘリから2名の隊員がリペリング降下して、ピタゴールにて負傷者を機内収容するという内容であった。

「あかぎ」に合図を送る地上隊員
「あかぎ」ピックアップポイントに進入
隊員がリペリング降下@
隊員がリペリング降下A
負傷者にピタゴール装着
負傷者のピックアップ@
負傷者のピックアップA
▼関連する訓練
・2003年11月21日「関東管区広域緊急援助隊総合訓練」(群馬県北群馬郡榛東村)
▼関連リンク
 群馬県警察
 上野村