TOP訓練写真2005訓練写真>2005.07.12新町分署水難救助訓練
◆2005年07月12日(火)「新町分署水難救助訓練」
 

平成17年7月12日(火)に多野郡新町の烏川運動場北西の烏側河川敷にて、「新町分署水難救助訓練」が実施された。
訓練は、烏川に2名が転落、1名は中州で救助を求めており、もう1名は行方不明との想定で始まり、管轄の新町分署がボートで救出を試みるが、急流のため要救助者に近づけず、ライフジャケットのみを要救助者に渡す。
これらの状況から、現場指揮本部は群馬県防災航空隊にヘリによる救助を要請する。その後、藤岡消防署の救助隊が現着し、ゴムボートにて不明の要救助者の検索を開始する。
出動した防災ヘリ「はるな」は、烏川運動場の場外に一度ランディングし、救助体制を整えてから中州の要救助者をサバイバースリングにてピックアップ、場外で待機している新町救急隊に要救助者を引き渡す。
救助隊と防災ヘリ「はるな」による行方不明者の検索が実施され、上空から検索中の防災ヘリ「はるな」が要救助者を発見し、救助隊がその要救助者をゴムボートに収容し、救急隊に引き渡して、訓練は終了となった。

 
出場した「新町指令1」
現場指揮本部を開設
出動した新町分署隊と新町消防団
消防団と協力してボート搬送@
消防団と協力してボート搬送A
右隅の白いのが要救助者
救助に向かう新町分署ボート隊
活動を開始する救助隊
ゴムボート搬送
検索を開始する救助隊
誘導ロープを操る新町消防団
救助を開始する「はるな」
隊員一名がホイスト降下
要救助者ピックアップ@
要救助者ピックアップA
救急隊に引き継ぎ
行方不明者を発見しゴムボートに収容
救急隊に引き継ぎ
訓練終了(消防長講評)
▼多野藤岡広域消防本部の他の訓練
・2004年9月26日 吉井消防署・吉井町消防団大規模林野火災訓練
・2004年3月16日 山岳救助訓練