◆2005年07月03日(日)「平成17年度前橋市水防訓練」

平成17年7月3日(日)に、「平成17年度前橋市水防訓練」が、東片貝町・東上野町の桃ノ木川竹橋下流両岸にて実施された。
この訓練は水防法に基づき、前橋市が毎年実施しているもので、約400名の参加者が、各種水防工法や炊き出し、水難救助の各訓練を実施した。今年は、水難救助訓練で、「青華橋」という架空の橋桁が落下し、河川内に転落した車両からの救助訓練と、防災航空隊「はるな」による救出訓練が、中州から要救助者を救助後に、桃ノ木橋左岸に救出した要救助者を航空隊員とホイスト降下させ地上救急隊に引き渡す、という二つの新たな訓練も実施された。

 
訓練想定
 7月2日、関東の南海上にある大型で強い台風X号は、中心気圧960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40m/sec、中心から半径110キロメートル居ないで風速20m/sec以上の暴風となり、北上している。
  台風X号は、このまま進むと7月3日正午頃、関東地方に上陸する恐れがあり、停滞前線の影響で極端な大雨が予想される。前橋地方気象台では7月3日午前6時「大雨・洪水注意報、雷・強風注意報」を発表。また、7月3日午前8時、群馬県知事は桃ノ木川の水位が警戒水位を超えるおそれがあるとして「水防警報」を発表した。
  以上の状況により、河川の増水、氾濫、低地の浸水等が予想されることから、市長は7月3日午前8時に水防本部を設置し第3配備を指令、各隊を非常配備につかせるとともに、群馬県防災航空隊に出動を要請した。
 
開会式
警戒パトロール
非常食糧炊き出し訓練
各種水防工法訓練
水難救助訓練
非常食糧搬送訓練
給水訓練
巡閲
 
▼過去の記録
 平成16年度前橋市水防訓練
 平成15年度前橋市水防訓練
▼関連リンク
 前橋市
 群馬県防災航空隊
 日本赤十字社群馬県支部