◆2005年04月16日(土)群馬県立小児医療センター一般見学会
平成17年4月16日に、群馬県立小児医療センターの新棟完成記念式が実施され、午前中に式典及び関係者の見学会が行われ、午後には二回に分けて一般の見学会も実施された。

この、小児医療センターの新棟建設には県が全国で初めて発行した県民参加型ミニ公募債「愛県債」が使われており、「愛県債」は日本一の県立病院を目指して発行したもので、今回の小児医療センターの他に、心臓血管センター、がんセンター、精神医療センターなど整備が進められている。

今回の一般見学会では、2室新設された手術室や集中治療部(PICU)などが公開された。

 

参加者への病院長挨拶

丁度人の切れ目辺りから新設された病棟
第三病棟(循環器・血液腫瘍科)
(既に患者さんが入院されていた)
中央手術室
(既存の3室から2室増設して5室に)
手術部に入ってすぐの回復室
手術室E
主に眼科、耳鼻科の手術に用いられる。
一番大きな手術室D
外光を取り入れた明るい室内。ガラスには光触媒が塗布されており室内洗浄度を上げる工夫がなされている
手術室内の説明をする担当者
天井からぶら下がっているアームに各機器が置かれている。
この為に、床にケーブルなどが散乱しない。
術野を撮影するカメラ
手術室内のプラズマディスプレイ
手術室内の麻酔・手術経過時間を表す時計
集中治療部(PICU)
25日から4床で運用開始
説明をする担当者
手術室へ行かなくても手術可能な設備が整っている
看護記録を入力する端末
奥に見えるガラス張の部屋が個室(2床)
食堂@
食堂A
産科病棟内の救急処置室
産科病棟内のICU(個室)
ナースステーション
死産等の特殊な場合には分娩が出来るように、防音等が考慮された病室
通常の病室
分娩室
中央のドアは新生児未熟児室(NICU)と廊下で繋がっている
 
▼関連リンク
 群馬県庁県立4病院紹介ページ