GoTopPage
2003.11.30 埼玉県比企郡滑川町「平成15年度 第25回山林火災防御訓練」

2003年11月30日、埼玉県滑川町の国営武蔵丘陵森林公園内の運動広場周辺にて、「第25回山林火災防御訓練」が実施された。この訓練は、埼玉県内の山林を有する市町村が毎年持ち回りで県と共催で実施しているもの。
あいにくの雨で、航空隊が訓練不参加となり、訓練項目が縮小された。しかし、訓練終了後、天候が回復し埼玉県防災航空隊の「あらかわ」「あらかわ2」が会場内に姿を見せた。
埼玉県庁「県政ニュース」

【訓練想定】
(1)11月30日(日)熊谷地方気象台は、埼玉県北西部に強風、感想注意報を発令した。
(2)比企広域消防本部では、滑川町大字山田地区の住民からの「119番通報」により、滑川町大字山田地内「国営武蔵丘陵森林公園内運動広場周辺」の火災を覚知し、直ちに出動した。更に、消防本部では、サイレン吹鳴し、滑川町消防団に出場要請した。また、滑川町では、防災行政無線にてより全町民に周知した。
(3)現場到着した消防隊は、現場指揮本部を設置し、状況を把握したところ地域的状況及び気象状況を考慮し、火災拡大が予測される為、第3出場指令を要請するとともに、東松山消防団、嵐山消防団に応援を要請した。
(4)各出場隊の懸命な消火防御活動にもかからわず、延焼阻止できないため、滑川町長・比企広域消防本部消防長は埼玉県防災航空隊に応援を要請した。また、滑川町長・比企広域消防本部消防長は、関係機関に支援協力を依頼するとともに埼玉県知事に群馬県・山梨県及び長野県消防防災航空隊、更に自衛隊への災害派遣を要請した。

119番受理中偵察隊出場

現場指揮本部設置中継送水準備を行う消防団

注水消火活動地上偵察訓練
陸上自衛隊第32普通科連隊

◆地上救出・救護訓練
救助活動開始前に、隊長が隊員へ活動指示を行う。一名の隊員が、ロープ設定の為山林内へ進入

ロープを地上へ投下地上の隊員はロープを活用して山林内へ

負傷者検索中の救助隊山林内にて負傷者を発見し、担架に収容する。

負傷者を担架にて搬送する救助隊ストレッチャーへ移し救急車内へ収容


空中消火薬剤応援搬送訓練
寄居地区消防組合消防本部
陸上自衛隊による救出訓練@

陸上自衛隊による救出訓練A
担架組み立て中
陸上自衛隊による救出訓練B
負傷者搬送中

陸上自衛隊による救出訓練C
救急隊に引き渡し
陸上自衛隊による救出訓練D
負傷者車内収容

防火線設定訓練@
出動する消防隊員、消防団員、陸上自衛隊員
防火線設定訓練A
山林内へ進入

防火線設定訓練B
山林内で活動する陸上自衛隊員
延焼阻止訓練@

延焼阻止訓練A
消火活動を行う消防団員

◆閉会式他
整列する訓練参加団体テント内の来賓、見学者

訓練本部長(滑川町長)講評埼玉県環境防災部防災安全局長あいさつ

炊き出し訓練高台より閉会式の様子

会場へ飛来した埼玉県防災航空隊「あらかわ2」(前)、「あらかわ」
会場上空を3回旋回して帰投