TOP資料室>文化財防火デーとは
−>文化財防火デーとは

 文化財防火デーとは、1955年(昭和30年)1月26日に制定されました。
  この文化財防火デーが定められるきっかけになったのが、1949年(昭和24年)1月26日の法隆寺火災でした。奈良県生駒郡斑鳩町の法隆寺金堂から出火して、国宝である十二面壁が大部分が焼損しました。

 法隆寺は1993年(平成5年)5月に「法隆寺地域の仏教建築物」として、世界文化遺産に国内初として登録されました。

 各地の消防本部では、この1月26日前後に文化財施設での消防演習や、消防査察などを行っています。

内容
1949年(S24) 1 26 法隆寺金堂火災
1956年(S31) 10 11 比叡山延暦寺大講堂火災
1957年(S32) 7 6 谷中五重塔火災
 東京消防庁「消防雑学辞典」 文化財防火デーの契機となった法隆寺金堂火災
 斑鳩町公式Webページ「文化財の概要」